ほくろの悩み解消法

女性

ほくろは化粧で目立たないように隠すことも可能ですが、ほくろを除去することも出来ます。ほくろ除去は手軽に利用することが出来て料金もあまり高額ではありません。顔や身体のほくろに悩んでいる方には、ほくろ除去がおすすめです。

詳細を確認する...

気になるほくろを取るには

顔の手入れ

誰しもがほくろはありますが、それが顔などの目立つ場所だったり、大きかったりすると見た目といった意味でも気になるものです。そういった場合はほくろ除去をする人もおり、除去方法に関してもいろいろな方法が存在しています。

詳細を確認する...

メラニン細胞にアタック

整形

メラニン細胞と呼ばれる母斑細胞の集合体であるのがほくろであり、目立つ部位においてはほくろ除去施術が提案されています。ほくろ除去に適しているのがレーザーによる除去法ですが、ただ単に焼く・削るだけではなく、傷跡に配慮した治療が必要となります。レーザー治療の基本的な情報として、ミクロン単位でコントロールするレーザーとQスイッチレーザーなどの単独となる機器だけではない併用がポイントとなります。通常の除去法として提案されているのが炭酸ガスレーザーですが、削る深さによって傷跡やへこみを招きやすく、Qスイッチレーザーなどの単機器では取り残しの確率が高まります。ほくろ除去を行う場合には、傷跡やへこみを作ってしまうことで改善や回復が難しくなりやすく、複数のレーザーを併用する施術が提案されています。このことにより、表面をなだらかに綺麗に仕上げられ、盛り上がりやメラニン細胞が深いほくろにもしっかり対応することができるため、施術を受ける際のテクニックの1つに挙げることができます。もちろん機器の選択のみならず、技術者の美的センスも必要となり、回数を少なく、トラブルに繋げない術の提供を行うクリニック選びもポイントとなります。

顔・身体で黒く目立つのがほくろであり、根の深いほくろや盛り上がっているほくろ除去を行うことにより、様々なメリットが得られます。例えば、除去に最新鋭となるアレキサンドラレーザーを用いることによって高い効果を発揮しながら、正常な皮膚組織にダメージを与えることなく、最小限のダメージで除去することが可能となるために成人の男女のみならず、デリケートな皮膚を持つ子供にも適しています。レーザー光のパルス幅を短くした治療用であるため、安全性の高さが子供のほくろにも優しくコントロールしてくれますし、ミクロン単位での除去法により、複数回の処置が必要となる直径の大きなほくろにも対応可能です。さらに女性にとってはレーザーフェイシャルとして提案されており、複数のレーザーを併用して照射することで毛穴やくすみの改善など、レーザー光の熱が真皮層に働きかけるために美容効果までを得ることに繋げられるのもメリットの1つになっています。その他、除去治療後には照射による赤みを招く場合もあるものの、早く引かせるレーザー照射をはじめ、万が一陥没してしまった場合にへこみを持ち上げる照射などまでが提案されているため、早期治療によって期間を長く取らないメリットも得ることが可能です。

肌のコンプレックスを解消

女性

顔や体の目立つところにほくろができれば、それが大きなコンプレックスになってしまうこともあります。しかし、医療機関ではほくろ除去を行っているところもあるので、これを受けていけば悩みも解消されるでしょう。

詳細を確認する...

ほくろの除去方法と経過

顔の手入れ

ほくろ除去にもいろいろ多岐に渡り、どの方法が自分にあっているのか、よく病院の先生と相談することが本当に大事だと思います。手術とはいえ、肌に傷を付けるわけですから、慎重に考えて決めることが大事だと思います。

詳細を確認する...