肌のコンプレックスを解消

女性

ほくろは、顔だけでなく体全体にできやすいですが、目立ったところにできてしまうと気になってしまう人もいるでしょう。特に顔は人からいつも見られるので、ほくろの位置や大きさによってはコンプレックスにもなってしまいます。このほくろは、皮膚の表面に平らにできる単純黒子という状態と、その部分が盛り上がってイボのような状態になる色素性母斑にわかれます。単純黒子の場合でも、範囲が大きくなれば目立ってしまい、アザのようにも見えてしまいます。色素性母斑もそれ自体が大きければ、手や服の一部が当たってこすれてしまう可能性もあるので、何かと支障が出やすくなります。このようなデメリットの大きいほくろは、医療機関で取り除いてもらうことができます。一般的に、一部の皮膚科でほくろ除去は行われていますが、美容外科でも同じく行っています。この皮膚科と美容外科の違いとは、美容外科はほくろ除去をした肌を目立つことなくきれいな状態にしてくれるところにあります。ほくろの状態によっては手術跡が目立ってしまうこともあるので、それを美容外科ならではの技術で整えてくれるのです。こういった面から、顔などのほくろ除去については美容外科へ依頼する人も多くいます。ほくろの大きさなどで手術が難しいと思っていた人でも、美容外科ならできる限りの技術で行ってくれるので安心です。自然な肌に戻すことを目標にしているので、ほくろ除去の技術にはこだわりを持っているのです。

美容外科で行われているほくろ除去の内容は、レーザー機器を用いた手術や電気凝固法に切除法などがあります。レーザー機器では、ほくろの部分をレーザーで焼いていく方法で、強い痛みを感じることは特にないです。皮膚を焼いた部分は再生が行われるので、時間が経てばきれいな肌に戻っていきます。単純黒子で範囲が小さい状態には最適な方法で、ほくろが顔の部分であっても安全に行われるので問題ありません。色素性母斑の状態では、その盛り上がったほくろでも電気凝固法ならきれいに除去してくれます。電気をほくろに当てることで蒸散させていき、麻酔が使われるので痛みも抑えられます。術後はかさぶたの状態になり、自然とそれもはがれて一時もすれば目立たなくなっていきます。切除法はほくろの範囲が大きい状態に行われる方法で、ほくろを除去してもその範囲が大きいので皮膚を縫合する必要があります。しかし、これも美容外科の手術ならばきれいに処置されるので、手術跡が気になることはないでしょう。ほくろは、加齢とともにできやすくなる傾向があるので、中高年の人でもほくろ除去をする人たちが増えてきています。特に女性であれば、年を取っても見た目を気にしてしまうので、ほくろ除去は必然と求められる分野なのでしょう。肌の悩みにもなってしまうほくろは、その高度な技術できれいさっぱり取り除いてくれることが必要不可欠な医療となっています。